Android・webアプリ「六法」リリース

2021-08-22

シンプルな六法アプリです。ダブルタップで条番号検索ができます。

法令の条文をタブビューで閲覧することができます。

webアプリについてはこちら↓

Google Play で手に入れよう

紹介動画

主な機能

  • 入力した条番号へのスクロール
    (ダブルタップで可能)
  • 法令の条文内を検索
  • 法令の目次表示
  • 目次から自動スクロール
  • 条文の文字の大きさの変更

操作方法

法令の追加

右下のプラスボタンを押すと、法令検索画面へ移動します。

法令検索画面では、上にあるテキストボックスに法令名を入力し、法令を検索します。

検索したら、閲覧したい法令のリストタイルをタップします。

すると、はじめの画面に戻り、その法令がタブに追加され、法令の条文が読み込まれます。

タブの操作

タブの法令名をタップ、または横にスクロールすると、タブを移動することができます。

タブバーの右下(法令の条文が表示されるエリアの中の右上)にあるバツボタンを押すと、現在表示している法令のタブが閉じられます。

アプリバーにあるアイコン

タブバーの上にあるアプリバーにあるアイコンについて説明します。

メニューアイコン

一番左にある三本線のアイコンをタップすると、現在のタブで開いている法令の目次が表示されます。
左端からスワイプすることによっても目次を開くことができます。

目次がない法令は、「目次なし」と表示されます。

任意の目次タイトルをタップすると、目次欄が閉じられ、その目次タイトルのあるところへ自動スクロールされます。

ダイヤルパッドアイコン

「六法」というタイトルが表示されている右にある点々が集まったアイコンをタップすると、条番号の検索ができます。

法令の条文が書いてあるエリア(上のバー以外のエリア)でダブルタップすることによっても、条番号検索ができます。

キーボードで条番号を入力し矢印ボタンを押すと、その条番号へ自動スクロールされます。

※webアプリでは、矢印ボタンの代わりにEnterキー。

サーチアイコン

その右にある虫眼鏡のアイコンをタップすると、現在のタブで開いている法令の条文内の検索ができます。

タップした後に表示されたテキストボックスに、キーボードで任意の文字を入力し検索ボタンを押すと、入力した文字が含まれる一番上の条文へ自動スクロールされます。

※webアプリでは、検索ボタンの代わりにEnterキー。

そして、テキストボックスの右に、入力した文字が含まれる文の数が表示され、その右にある矢印ボタンで移動することができます。

入力した文字はハイライトされます。

テキストボックス内にあるバツボタンを押すと、この検索機能を閉じることができます。

セッティングアイコン

一番右にある歯車のアイコンを押すと、設定画面へ移動します。

設定画面では、法令の条文の文字の大きさの変更、動画視聴で広告を24時間非表示、アプリに保存されているデータの消去、そしてこのアプリに関する情報を見ることができます。

法令データについて

このアプリで使用している法令データは、e-Govが提供する法令APIから取得しています。

注意点

  • このアプリでは、アプリ起動時に前回開いていたタブを開きますが、その際、法令の条文内容についてはインターネットにアクセスして読み込みます。
    そのため、タブを多く開いたままアプリを閉じると、次回アプリ起動時に多くの条文データを読み込むこととなり、その分処理時間が長くなります。
  • 条番号を入力する際、その法令に存在しない条番号を入力すると、意図しない挙動をする場合があります。
  • 法令の条文検索をする際、検索をした状態のまま別の法令のタブへ移動すると、意図しない挙動をする場合があります。
  • 条番号を入力する際、キーボードの矢印キーを押さないままアプリバーにある虫眼鏡アイコンを押すと、キーボードが数字キーのままになります。
    この場合、一度テキストボックス内のバツボタンを押してから、もう一度虫眼鏡アイコンを押してください。
  • 法令データを読み込む際など、操作の区切りとなる場面で、全画面広告が表示される場合があります。
    この広告は、設定画面にある「広告を24時間非表示」のところをタップして、短い動画を視聴すると、正常に視聴してから24時間非表示にすることができます。
  • webアプリにおいて、条番号検索をする際は、半角数字を入力してください。全角数字を入力しようとしても表示されません。
  • webアプリにおいて、スマホ端末の場合、条文内の空行が消える場合があります。
  • webアプリにおいて、iOS端末で、ホーム画面に追加して利用する場合、キーボードが表示されない可能性があります。その場合、保0無画面に追加したwebアプリを開くのではなく、safari等のブラウザからこのwebアプリを開いてください。

webアプリについてはこちら↓

Google Play で手に入れよう